Podcast(ポッドキャスト)英会話

ポッドキャスト(Podcast)で英会話 iTunesとiPod

 

皆さんこんな経験がありませんか?

 

普段から英語の勉強をしていて、この単語は発音もばっちりで自信があると思っていた単語がネイティブとの会話で使用すると、全く伝わっていない。

 

私も何回も経験があります。

 

ある単語が伝わらないと、そのたびにその単語を何回も言い直すのですが、全く理解してもらえず、困ったなと思っているとネイティブの方で感を働かせて。その言いたかった単語を言ってくれて、そうそうその単語と言ってみるのですが、自分の発音と全く違っている事にそこで気が付く。

 

こんな感じの繰り返しです。

 

ですので、ネイティブ同士が会話をはじめた途端、聞いていても何を話しているのかさっぱりわからない。
何か口の中でもごもご言っているようにしか聞こえない。

 

これは、私たち日本人がネイティブの発音を聞きなれていない事と、自分でその発音ができる口の筋肉ができていないため発音できないからそうなっているのです。

 

自分で発音できない言葉は、聞き取る事も絶対できません。

 

英語圏では、幼稚園ぐらいからフォニックスと言って音の出し方の練習をはじめて、もちろん家でも聞きますので、自然にその発音が出せる口の形と筋肉が付いてきます。

 

せっかく英語の勉強を頑張っても、なかなかネイティブ同士の会話に入っていけないのは何を今会話しているのかしっかりと分からない、聞き取れない、自分が同じ発音をできないからです。

 

そのネイティブの発音が自分で発音できるようにするには、いろんな方法があります。

 

テープを何回も聞いて発音を真似する。
映画を見ていて、やはりその発音を真似する。
英会話教室に行って先生の発音を聞いて真似する。

 

これらの方法は一見良さそうななのですが、実は真似できていると本人が思っているだけで全然ネイティブの発音とは程遠い発音をしてしまっているのです。
日本語にない音はどんなに真似しても日本語の音で作ってしまっているのです。

 

ですので、この部分はネイティブの口の中の舌の動きや口のまわりの筋肉の使い方を具体的に覚えて、練習することをしないといつまで経っても日本語英語しか話せません。

 

日本語なまりの英語なら通じるのでまだいいのですが、日本語英語はなかなか通じません。

 

まだ小さな子でしたら、耳から入った音をそのまま発音できる特別な能力があります。
ですが、大人になるにつれてその能力は消えて行ってしまうのです。

 

大人がネイティブの音を見事に発音できるようにするには、目で見てどんな動きを口の中でしているかを知らなければ真似できません。
完璧に真似できなくてもいいのです。日本語なまりでも相手に通じる事ができる程度まで真似できたらそれでOKです。

 

ではどうしたらそんな口の中の動きを知ることができるのかが問題です。

 

これもいろんな教材が出ていますが、つい最近そんな事を思っていたら面白い教材を発見しました
ネネイティブの口の中の動きが手に取るように分かるCG映像を採用している英語教材です。
いままでにいろんな教材を見てきましたが、最新のCGを駆使してネイティブの口の動きを見せてくれるものはこれが初めてです。

 

私は今まで見た事のない方法でしたので、驚きでした。最新の技術を駆使するとこんな事が出来るんだと率直に思いました。

 

追伸、この教材は残念ながら11月で終了になりました。。。。
また新しい効果のある教材を見つけたら方向しま〜す(*^_^*)

 

ホーム RSS購読 サイトマップ